ブロードラインで猫をフィラリアから守る

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

愛猫のイメージ 猫は人気の高いペットの一種です。近年になって、猫を家族として迎え入れたという人も少なくないはず。

猫は確かに可愛くて、見ているだけでも楽しい動物ですが、一度迎え入れたからにはしっかり世話をしてあげなければいけないのは当然のことです。

これは家庭によっても変わってきますが、猫は人間と同じように勝手に外出して帰ってくるという性質があります。

その反面気になるのが、外からの影響によって病気や怪我をする可能性です。

猫の様子に異変があればすぐに病院へ連れて行ってあげると安心ですが、ものによってはなかなか症状がわかりにくかったり、飼い主さんが見落としてしまうこともあります。

そうでなくても、猫は自分の体調不良を隠そうとする習性を持った動物です。

そんな猫の健康を守るためにも、飼い主にできるサポートや病気への知識を身に着けておくといいでしょう。

ここでは、猫や飼い主が気づかない間に感染している恐れのある病気『寄生虫病』について注目していきます。

 

犬猫の天敵、フィラリア症のこわさ

愛猫のイメージ 寄生虫病とは、体の内側や外側に寄生する虫によって引き起こされる病気のことです。

その中でも、フィラリア症という病名は比較的に有名です。

フィラリア症は犬の病気のイメージを強く持たれがちですが、実は猫にも感染する可能性が十分にあります。

まれに人間にも感染する事例が見られており、それだけ感染力が強い寄生虫だとわかります。

フィラリアは白く糸状の細長い虫で、成虫になると30cmほどの長さまで成長します

フィラリア症の被害は大きく、感染に気づかないまま放置すると命を落とすこともあります。

フィラリア症について理解を深めておきましょう。

なぜ猫もフィラリア症に感染するのか

フィラリア症の感染を広げているのは蚊です。

まず、フィラリア症に感染済みの犬の血液を蚊が吸い、血液の中に混じっているフィラリアの卵や幼虫までいっしょに体内へ蓄えます。

そのまま健康な猫の血を吸い、その際に体内へ蓄えていたフィラリアの幼虫を猫の体に残していきます。

こうして猫の体内に侵入したフィラリアの幼虫は血管内を通り、肺や心臓にたどり着いて寄生し始めることになります。

感染したらどうなる?

血管を通ったフィラリアの幼虫はまず肺にたどり着き、成長します。

しかし猫の肺はフィラリアにとって小さいので、成長するにつれて心臓へと移動し始めます。

心臓で本格的に寄生を始めたメスのフィラリアが幼虫を増やし、また血液内を漂って活動、成長していきます。

このように、体内ではどんどんフィラリアの数が増やされていくことになります

フィラリアが増えることで臓器が侵されていくだけでなく、血管にフィラリアが詰まって血液のめぐりが悪くなったりします。

フィラリア症の症状に見られるのは咳、呼吸困難、おなかの膨らみ、食欲減退などです。

ですが、このようなはっきりとした症状が確認できる頃には、すでに症状がかなり進行している可能性があります

フィラリア症は感染したての段階では症状がほとんど現れません。そのため、感染に気づくのにも時間がかかりがちです。

さらに猫のフィラリア症の場合、猫の体内に寄生するフィラリアの数は犬よりも少ないため、余計に症状がわかりにくいという注意点があります。

対策方法はあるの?

愛猫のイメージ猫のフィラリア症の完全な治療方法は、まだ確立されていません

フィラリアの成虫は薬だけでは駆除できないので、完全に治すためには手術する必要も出てきます。

ですが、手術したからといって寄生された肺や心臓が元通りになるわけではなく、手術後も治療を受け続けることになるでしょう。

さらに、血液中にフィラリアの幼虫が残っていた場合は再寄生されえる可能性も高いです。

このように、フィラリア症は一度感染すると完治させるのが大変難しい病気です。

そして気をつけなければいけないのが、蚊が媒介になっているということは、室内飼いの猫も感染の可能性があるということです。

実際に、室内飼いの猫にもフィラリア症の感染が見られたというデータをとられています。

フィラリア症は感染してからの治療よりも、感染する前に予防しておくことが大切です。

フィラリア症だけじゃない、寄生虫いろいろ

寄生虫病は、フィラリア症以外にも種類が見られます。

特に多いのはノミ・ダニです。

ノミ・ダニは犬猫を飼う家ではよく問題視されることもありますが、近年では犬ノミよりも猫ノミの被害の方が多くなっているようです。

ノミ・ダニは、外出先から猫や人間の体にくっついて家まで運び込まれ、寄生場所を見つけたら驚異のスピードで増殖していきます。

猫の体に寄生すると、ノミ・ダニは猫の血液を栄養にして卵を生み、数をどんどん増やしていくようになります。

吸血された猫は皮膚アレルギーを起こし、炎症や脱毛、出血や貧血などの症状が現れ始めます

寄生に気づいた時点で早めの対応をとらなければ、ノミ・ダニの繁殖は止まらず症状も治まりません。

また、ノミ・ダニに寄生される機会は日常の中でもたくさんあるので、寄生を完全に防ぐのは難しいことです。

猫のノミ・ダニ対策としては、定期的に駆除を受けることが最も効率がいいと考えられます。

 

ブロードラインは通販でも続けられる、猫のためのフィラリア予防

飼い主のイメージ猫の寄生虫病、フィラリア症とノミ・ダニの対策をとるには、動物病院で予防や駆除の処置を受けるのが1番一般的です。

フィラリア症とノミ・ダニ、それぞれ1回ずつ処置を受けるとしたら、猫には少なくとも2回の処置を我慢させることになります。

これも猫の健康のため…とはいえ、やはり猫に多少の負担をかけてしまうのは避けようがありません。

そこで、愛猫家から多くの支持を得ているブロードラインの登場です。

1度の使用で全身に広がる、ブロードラインの効果

ブロードラインは、メリアル社から作られている猫のための薬です。

その効果は、フィラリア症の予防とノミ・ダニの駆除、そしておなかの中に寄生する虫の駆除にも発揮されます。

ブロードラインはシリンジを使って猫の皮膚に直接塗るタイプです。

皮膚から有効成分が浸透し、血液まで吸収されます。

血液中に有効成分が届くと、血液の中に混じっているフィラリアの卵や幼虫を駆除し、フィラリアの成虫が育てない体内環境を作ります。

さらにその血液をノミ・ダニが吸うと麻痺効果が現れ、卵を生む前に皮膚から駆除されていきます。

そして、おなかの中に寄生する猫回虫や猫鉤虫にも駆除効果を見せ、体内のフィラリア以外の病気も見逃しません。

ブロードラインを1度使うと、このような予防・駆除効果が1ヶ月続くので、ブロードラインを使っている間は再寄生の心配もありません。

ブロードラインたった1つでいくつもの寄生虫病に作用してくれるところは、愛猫にできるだけ薬の負担をかけたくない飼い主さんにとって大きな効力になります。

ブロードラインの簡単な使い方

愛猫のイメージブロードラインは1ヶ月に1回、シリンジ1本分を使用します。

できるだけ毎月同じ日付にだけ使用することを心がけてください。

シリンジを袋から取り出し、中身をこぼさないようにキャップを開けます。

猫の肩甲骨背中側、ちょうど首の付け根あたりの毛をかき分けて、そこに薬を塗ります

直接皮膚にシリンジの先端を当て、内筒を少しずつ押し出して、シリンジの中の薬を全部使い切ってください。

使用した後は、薬が乾くまで濡らしたり触ったり自分で舐め取ることがないように気をつけてあげましょう。

多頭飼いの場合、他の子が薬を舐めてしまうことがあるので、乾くまで見守るか別の場所に隔離しておきましょう。

フィラリア症の検査を受けておくこと

ブロードラインを使う前に忘れてはいけないのが、フィラリア症の検査を受けておくことです。

すでにフィラリア症に感染している猫にブロードラインを使うと体内でフィラリアが大量に死滅し、その死骸が血管や心臓で詰まってアナフィラキシーショックなどを引き起こします。

このことから、フィラリア症感染済みの猫にはブロードラインの使用が禁じられています

予防を始める前に、現在の状態を確認しておいてください。

 

ブロードラインは通販でも始められる予防

ブロードラインの処方を受けるなら動物病院が一般的だと説明しましたが、実はそれだけではありません。

病院だけではなく、ブロードラインは通販からも購入できるようになっています。

薬の通販は聞き慣れないと感じる人もいるかもしれませんが、ブロードライン通販は便利さと手軽さから徐々に愛猫家の注目を集めています

通販にしかないようなお得ポイントもあり、飼い主にとってもペットにとっても見逃せない方法です。

通販のブロードラインは海外からお取り寄せゲット

ブロードラインの通販は、正確にいえば個人輸入代行というものです。

個人輸入は、海外の会社へ直接ブロードラインを注文して取り寄せる方法です。

その注文や取り寄せのための手続きを利用者の代わりに請け負ってくれる機関が、個人輸入代行です。

代行を通さない個人輸入だと、外国語を使った注文手続きや関税の計算などの負担が、すべて利用者個人にかかってくることになります。

外国語や関税のことに慣れていない人にとっては複雑すぎるため、個人輸入は一部の人にしか使いこなせない購入方法という印象を持たれがちです。

個人輸入代行なら、難しい手続きのことなどを心配しなくても大丈夫です。

代行サイトから注文すれば、ブロードライン通販は簡単

個人輸入代行サイトは日本語で作られたサイトなので、外国語がわからなくても問題なく利用できます。

販売されている商品はほとんどが海外製のものですが、日本語の紹介文や日本価格で表示されているため、そのまま選んで手続きに進められます。

また購入の手続きも簡単で、日本の通販サイトを一度使ったことがある人なら、ほとんど躓くことなく最後まで使いこなせるはずです。

ブロードライン通販は、ほとんどが個人輸入代行を利用して行われているものを意味しています。

 

ブロードライン通販を使うとどんなメリット・デメリットがあるのか?

ブロードラインブロードラインの通販は便利、といっても実際に使うとどんな利点があるのでしょうか?

確かに、ブロードライン通販には通販にしかないメリットが多くあります。

ですがその分、デメリット面も存在することを知っておきましょう。

あらかじめどちらにも目を通しておけば、デメリットを最小限に抑えたり、メリットを最大限に受け取ったりすることも可能です。

ブロードライン通販で見られるメリット面、デメリット面についてまとめました。

ブロードライン通販を使うデメリット

ブロードライン通販は海外を通して行われるので、国内の通販と比較するとどうしても配送日数が長くなりやすいという点に注意が必要です。

長い時では、2週間ほどかかることもあります。

ブロードラインを早めに使いたい場合、通販では間に合わないかもしれません。

基本的に自己責任

ブロードラインの通販では、ルールの1つとして『購入したものは自己責任で使用する』ことが定められています。

つまり、通販で購入したブロードラインを使ってペットの体に異変が見られたとしても、購入して使用した飼い主の責任ということになります。

悪徳業者のリスクがある

ブロードラインの通販サイトがすべて信用できるわけではありません。

中には、悪徳業者によって作られた悪質なサイトが紛れている可能性もあります。

通販サイトを選ぶ際は、本当に信用できるサイトかどうかをよく見極めましょう。

ブロードライン通販を使うメリット

病院まで行かなくても、ネット回線があれば好きな時に好きな場所で注文できるというのが通販の強みです。

病院に行く時間をなかなかとれない飼い主さんにとっては、時間や手間の節約として有効に活用できるしょう。

また、病院に行くのが苦手な猫にとってのストレスも軽減できるため、人にとっても猫にとってもメリットです。

病院よりも医療費を抑えられる

動物病院では保険がほとんど適用しないので、医療費が今以上に安くなることはないと考えられます。

また、保険が動物病院ごとにブロードラインの価格が違うこともあります。

通販のブロードラインは海外の会社が定めた一定の価格で販売されているので、価格はほとんど一定です。

動物病院の価格より安く設定されていたりするため、通販のほうが医療費を安く抑えやすいといえます。

通販ならではの特典がある

通販サイトを上手に活用すると、ブロードラインの価格や送料をさらに安くできます。

このような値引きの特典は、通販ならではのものです。

通販サイトの機能を使って、ブロードラインをお得に手に入れましょう。

ブロードラインの購入はこちら

ブロードライン通販は、愛猫のための病気予防のひとつ
タイトルとURLをコピーしました